new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

19世紀後半 サラン ニノン ディナープレート 花かごとリボン 柄

残り1点

11,300円

送料についてはこちら

こんにちは。 ストラスブール、リュネヴィルなどから遠くない、フランス東部のサラン・レ・バンでは19世紀、1857年から陶器の制作が始まりました。 ロンシャン窯の息子エドワード・シャルボニエーがディレクター、その後オーナーになってから大きく発展、1925年には世界万博で金賞受賞、最盛期を迎えます。 1968年にはサルグミンヌに吸収されたそうです。 こちらはR &Aのマークがあります。詳しい情報はわかりませんが、19世紀後半のお品だと思います。 ニノンと女性の名前がついた、たっぷりサイズのディナープレートです。 生成色の陶器地に、縁取りにはローリエの葉にルイ16世スタイルのリュバン・クロワゼ(交差したリボン)柄、その内側に花かご、リボン、野ばらなどがグリーンがかったブルーのデカルコマニー(転写画)で描かれた、17世紀風なお皿です。 お好きなお料理に、他のデカルコマニーと合わせて流行のデパレイエ(不揃い)のテーブル・コーディネートに、お好きにお使いいただけます。 1枚のみの入荷です。 多少のカトラリーの痕、経年による変色などありますが、チップ、ラインなどはありません。綺麗な状態です。 直径26、5cm 重量600g 価格は商品代5650円、フランスからの送料5650円になります。

セール中のアイテム