new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

1950年代 サルグミンヌ アルザス テリーヌ 民族衣裳柄 M

残り1点

12,700円

送料についてはこちら

こんにちは。 サルグミンヌ の陶器製作所は1790年から20世紀後半まで、フランス東部、ドイツ国境沿いのサルグミンヌ の町で発展しました。 約200年の間に、フランス革命期に生まれた小さな家族経営の工場は、大きく前進し、楽しく、色鮮やかな製品のファンは世界中に広がりました。 ポール・ウツシュナイダー、その後はその娘婿のアレキサンドル・ドゥ・ジェジェール、その息子のポール・ドゥ・ジェジェールは真の経営者で、地方の小さな町を、陶器制作産業の最前線に推進させました。 ちなみにポールの娘エリザは、ショワジー・ル・ロワ窯の最盛期を作り上げたイポリット・ブーランジェーと結婚したそうです。 早い時期からナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィレロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。 19世紀からサルグミンヌ窯 は世界中に、花器、プランター、壁のフレスコ画、暖炉なども提供しました。 アルザスと名前のついたテリーヌが大小2点入荷致しました。 サルグミンヌ窯の定番的なモデルがベースで、円筒状の蓋にはお花モチーフの、本体には両脇にテット・ド・リヨン(ライオンの頭)の取っ手がついています。 そこにこちらのアルザス・シリーズは、蓋にはストラスブール大聖堂と思われる塔と、家の屋根やね、その煙突に巣を作るストラスブールを象徴する鳥シゴーニュ(コウノトリ)が、本体には民族衣装を着た男女が手を繋いで輪になって踊っている様子が、影絵のような、ポショワー(ステンシル)で描かれています。 サルグミンヌ らしい楽しく、ポップな、でも色合いが黒、茶色のせいかシックな印象もある器です。 テリーヌのほか、ボンボニエールやシュクリエ 、お好きなものを入れてお使い下さい。 こちらは小さいサイズです。 直径 11cm 幅 13cm 高さ 13cm 重量 800g きれいな状態です。 価格は商品代6350円、フランスからの送料6350円になります。

セール中のアイテム