マリコルヌ エミール・テシエ カップ&ソーサー ボタン
new
5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436 5f1d6415791d0201d37f4436

マリコルヌ エミール・テシエ カップ&ソーサー ボタン

残り1点

¥17,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1950年前後、マリコルヌ、エミール・テシエ窯のカップ&ソーサーが入荷致しました。 陶器制作に欠かせない粘土と薪が豊富で、流通に便利なサルト河のほとりのマリコルヌでは、1747年ジャン・ロワゾーによって最初の陶器窯が設立されたそうです。ネヴェール窯から職人を引き抜き、実用のお皿やロースターなどと共に、ネヴェールやルーアン風の装飾の陶器を制作していました。18世紀後半にはロワゾーの職人だったギヨーム・ラビゴが新たな窯を設立、1835年に3つ目の窯が誕生して活性化しました。前記2つの窯に他、ストラスブール、ムスティエ、マルセイユなど18世紀のスタイルの陶器を制作しました。1890年レオン・ププラーがカンペール窯の様なブルターニュ風の作品を制作、大きな成功を納め、マリコルヌの陶器の名を広めました。ププラーの元で修行をしたエミール・テシエは1924年にファイアンスリー・ダール・ドゥ・マリコルヌ(FAM)を設立、1971年に亡くなるまで制作を続けました。アジュレ(明かり取り穴)の技術を取り入れ、マリコルヌの陶器の特徴になり、現在でもFAM、ブール・ジョリー窯が制作を続けています。 こちらはティー・カップまたはアメリカン・コーヒーサイズのカップ&ソーサーです。 エミール・テシエ作品の1つの特徴的なデザインの、ドットの集まった丸いボタンのようなモチーフがカップの側面と、ソーサーの縁に飾られています。マリコルヌの黄色がかった生成りの土に、真っ白な釉薬の陶器です。浅い深さのカップの取っ手は、テシエ作品のもうひとつの特徴であるロープのように編んだモチーフになっています。フェミニンな印象のかわいらしいキャンドル・スタンドです。 今回同シリーズのプチ・シュクリエ、ボウルも仕入れました。お揃いで特別なティー・タイムにいかがでしょうか? エミール・テシエの作品は手作業で作成されていますので、繊細な造りです。多少のゆがみ、釉薬のはげ、傷など逆に味になっていますが、そういった状態がお好きな方にお勧め致します。 ソーサー縁に釉薬のはげが1カ所あります。 カップ 直径 10cm 幅 13cm 高さ 6cm  ソーサー 直径 15cm 総重量 350g 価格はフランスからの送料3800円込みになります。