19世紀 リュネヴィル おしゃべりなお皿 12ヶ月 デザートプレート 1−12
new
5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257 5eca6c2834ef015b38ade257

19世紀 リュネヴィル おしゃべりなお皿 12ヶ月 デザートプレート 1−12

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。リュネヴィル窯のおしゃべりなお皿のデザート・プレートが入荷致しました。 1728年、ジャック・シャンブレットがリュネヴィルにロレーヌ地方で初めてのファイアンスリー(陶器工場)を設立しました。芸術的、商業的に成功し、1748年ロレーヌ公爵から王立陶器工場に任命されたそうです。イタリア、ドイツ、ポーランド、スイス、オランダなどに輸出することにも成功。 1700年から1800年の間に、銀やベルメイユ(銀に金のメッキ)は戦争資金のためにシルバーが必要だった王によって、食器に仕様することが禁止されたため、陶器の制作が発展、ロレーヌ地方にいくつかの陶器製作所が設立されたそうです。 職人たちは周囲のもの、花や昆虫、動物から、または空想や中国の陶器からインスピレーションを得ました。 1758年、シャンブレットは増税のためと、高級品の生産のため、サンクレモンに新しい工場を設立。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。 1812年にドイツ人ケラーがリュネヴィルの陶器制作を近代工業化し、続く19世紀の間、ケラーとゲランの父と義息子達によって大きく発展しました。 1922年バドンヴィレー窯のフネル家がリュネヴィル窯を買収。ルネヴィルは1988年まで、サンクレモンは1999年まで生産を続けていました。 こちらのスタンプの情報は得られませんでしたが、19世紀のもので間違いないと思います。 1年の12の月がテーマのアシエット・パルラント(おしゃべりなお皿)のデザート・プレートです。 12枚あるのですが、残念ながら2月がなく、8月が2枚あります。 月ごとの副題はないのですが、内容は下記です。 1月 湖でスケート 3月 トランシュマンス(移牧) 4月 種まき 5月 庭で手紙を読む若い娘さん2人(恋愛) 6月 河で釣り 7月 湖で水遊び 8月 農作業中、外で昼食 9月 果物の収穫 10月 ぶどうの収穫 11月 猟り 12月 暖炉の前で家族で団欒 縁は朝顔、昼顔の美しいレリーフで飾られています。 ベージュ地のファイアンスに茶色のデカルコマニー(転写画)で、秋冬らしい雰囲気のお皿です。 たぶんデッド・ストックのきれいな状態です。 ご注文の際にご希望の月をお知らせ下さい。 ご自分のお誕生日や、ご家族やお友達のお誕生日の贈り物にも最適と思います。 直径 20cm 重量 270g 価格はフランスからの送料3800込みになります。