{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/26

19世紀中期 ジアン おしゃべりなお皿 デザートプレート 時事、おどける 1−3

10,100円

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。 実用的なものから始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。 18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供しました。 または新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。19世紀の数あるファイアンスリー(陶器製作所)の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロンウィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。 1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 現存する数少ない窯のひとつです。 19世紀後半のジアン窯のグリザイユ(グレーの濃淡)のおしゃべりなお皿、ディナープレートが3枚入荷致しました。 こちら3枚は同じ薔薇の花と、リボンの描かれた縁取りですが、テーマは2つあるようです。 2枚はアクチュアリテ(時事)、もう1枚はおどけるです。 写真の順に、 1、時事 彼らのXXをどう思いますか? XXの部分の文字が読めないのですが、17世紀風庭園にたつ2人の紳士、1人はリーゼント、燕尾服、片方のめがねに尖ったヒゲ、シルクハットと杖を手に持ち、ピッタリとしたパンツを履いています。2人目は後ろ向きて、髪の襟足が2つに分かれ、肩の尖ったマントーを着ています。たぶん流行のファッションをおちょくってるのだと思います。 2、時事 朝の海水浴で哀れな顔の人々。  遠くには船と、灯台の見える防波堤を散歩する、シルクハット、羽のついた大きな帽子、日傘の男女。19世紀末にはまだ新しい習慣だった海沿いのヴァカンスを皮肉っているようです。 3、おどける 私。 私たちの豚の似顔絵を描くことを禁止しますよ。 養豚農家の青年が、豚をバックに、画家に向かって。 1、2ソールドアウトです。 ご注文の際には絵柄をご指定ください。 3枚目の裏面縁に極小のチップがありますが、使用に問題はありません。 綺麗な状態です。 直径 20cm 重量 250g 価格は商品代5050円、フランスからの送料5050円になります。

セール中のアイテム