{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/30

19世紀中期 ボルドー おしゃべりなお皿 デザートプレート トリニテ教会とアンゴ夫人の娘 1、2他4点セット

27,950円

送料についてはこちら

SOLD OUT

こちらはご予約済みになります。 ー19世紀中期 ボルドー おしゃべりなお皿 デザートプレート トリニテ教会とアンゴ夫人の娘 1、2 ー19世紀中期 ジアン おしゃべりなお皿 デザートプレート 時事1、2 以上4点セットになります。 こんにちは。 ボルドー陶器は18世紀と19世紀にフランス南西部ボルドーで制作された陶磁器です。1714年、ボルドーの海軍の会計係だったジャック・ユスタンが、10カ所の錫土器の製造および販売に関する、王家からの独占特許を取得したことからはじまったそうです。この特権は1762年まで更新されました。 当初は技術不足のため、18世紀の他の偉大な陶器窯と競合するための苦労しています。ムスティエ、モンペリエ、または中国のブルーの陶器から影響がみられます。 グレーハウンドの装飾、または花リムのお皿の縁や網のマンガンによるパープルの装飾は、この時代のボルドーの特徴です。 贅沢を自慢するブルジョワの食卓のオーダーメイド、カスタマイズド、威厳のある紋章、ボルドーワインの栄光とおもてなしの美学とともに発展、素晴らしい薬局瓶も制作されました。 独占特許の終わりとともに、フランス革命前夜には、ボルドーに8つの陶器窯がありました。がユスタン窯ほどのクオリティーではなかったようです。 1831年、ラエンとラトーの窯を、イギリスの陶器のファン、アイルランド人デヴィッド・ジョンストンが跡を継ぎます。燃料と原料をイギリスから輸入、逆にボルドーワインをイギリスに輸出しました。工業化し、陶器にカラフルなプリントの装飾をしました。最盛期には職人700人まで発展しました。 1845年、ジュール・ヴィエイヤールが後継者になります。フランス南西部、ペリグーやバイヨンヌから原材料を取り寄せました。世界万博の際、全員一致で受賞が決まりました。経営的にも、芸術的にも成功を納め、クレイユ・エ・モントローの競合になるほどだったそうです。 1865年に息子達が後継者になりましたが、1895年にその歴史を閉じました。 ジュール・ヴィエイヤール時代のグリザイユ(グレーの濃淡)のおしゃべりなお皿、デザートプレートが2枚入荷致しました。 同じリボンとギルランド(花飾り)の縁取りですが、別々のシリーズのようです。 写真順に、 1枚目、たぶんパリのモニュメントのシリーズ、1861年建造のパリの9区にあるカトリック教会、美しいトリニテ教会が描かれています。 2枚目、アンゴ夫人の娘 1872年初演のシャルル・ルコック作曲のオペラ・コミック。フランスの一番成功したオペレッタだそうです。 どちらも綺麗な状態です。 直径 19、5cm 重量 250g 価格は商品代5050円、フランスからの送料5050円になります。

セール中のアイテム