new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

19世紀前半 クレイユ ル・ロワ・ディヴェト おしゃべりなお皿 デザートプレート

残り1点

11,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 パリから南東へ1時間くらいのモントローでは、陶器作りに適した灰色がかった白い粘土が取れ、クレイユ窯にも素材を提供していたそうです。1719、20年頃に最初の陶器製作所が出来、イギリスのクィーンズ・ウェアに対抗することを目的としていたそうです。その後イギリス人の企業家が参入、1796年に製作所はイギリス人のクリストフ・ポッターの手に渡り、イギリスではすでに発明されていた、陶器や磁器に印刷する技術を、フランスではショワジー・ル・ロワ、クレイユとともに初めて導入したそうです。それによってモントロー窯は大きく発展したそうです。 一方、パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年、その経営者の死とともに、モントローと合併、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞を受賞。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらはクレイユの刻印があります。 1830年のモントローと合併前のお品のようです。 ル・ロワ・ディヴェトとタイトルがあり、鮮やかなポリクローム(多色使い)の花々や唐草模様の縁取りに、見込みにはロバに乗った王様とそれに続く子犬が野道を行く様子が描かれています。 ル・ロワ・ディヴェトは元々は19世紀のシャンソン歌手、ピエール・ジャン・ド・ベランジェー(1780ー1857)の1815年の流行歌で、そこから発生した戯曲、演劇、オペラなどがあるようです。 YouTubeをあげておきます。コメント欄に歌詞もあります。聞いてみてください。 経年なりの状態で、細かい傷が無数にあります。チップ、ラインはありません。 直径 21cm 重量 350g 価格は商品代6250円、フランスからの送料5650円になります。

セール中のアイテム