new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/17

1900年 サルグミンヌ シャッスール お喋りなお皿 デザートプレート

残り1点

11,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 サルグミンヌ の陶器製作所は1790年から20世紀後半まで、フランス東部、ドイツ国境沿いのサルグミンヌ の町で発展しました。 約200年の間に、フランス革命期に生まれた小さな家族経営の工場は、大きく前進し、楽しく、色鮮やかな製品のファンは世界中に広がりました。 ポール・ウツシュナイダー、その後はその娘婿のアレキサンドル・ドゥ・ジェジェール、その息子のポール・ドゥ・ジェジェールは真の経営者で、地方の小さな町を、陶器制作産業の最前線に推進させました。 ちなみにポールの娘エリザは、ショワジー・ル・ロワ窯の最盛期を作り上げたイポリット・ブーランジェーと結婚したそうです。 早い時期からナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィレロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。 19世紀からサルグミンヌ窯 は世界中に、花器、プランター、壁のフレスコ画、暖炉なども提供しました。 1900年前後のお品だと思います。 シャスール・オ・ルナール(きつねの狩人)と名前がついた、ポリクローム(多色使い)のおしゃべりなお皿、デザートプレートです。 丸い生成色の陶器のお皿の中に、背景には木の枝が描かれ、その上に3枚の紙のようなカードル(枠)があり、その中にイラストが描かれています。 脚の間を獲物のきつねが通って行ったり、きつねを損ねて足を打たれ人、など狩りの様子がおもしろおかしく描かれています。 こちらは1枚のみの入荷です。 多少の貫入と、変色がありますが、裏面に1本ラインがありますが表面には通じていません。そのほかは綺麗な状態です。 直径 20cm 重量 350g 価格は商品代フランスからの送料5650円になります。

セール中のアイテム