{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/17

19世紀 ジアン ディナープレート シノワズリー 小花柄

11,300円

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。 実用的な陶器から始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。 18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供しました。 一方で新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。 19世紀の数あるファイアンスリー(陶器製作所)の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロンウィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 現存する数少ない窯のひとつです。 こちらは1900年以降のお品のようです。 ヨーロッパの陶磁器に多大な影響を及ぼし、19世紀から20世紀前半にユーロッパの各都市で頻繁に開催された万博の影響で、大流行したジャポニスム、シノワズリーのお皿です。 白の陶器地に、ブルーのデカルコマニーで、縁取りにはジグザグ模様とアカンサスの葉が、その内側と真ん中には小花が可憐に描かれた、シンプルで可愛らしい、たっぷりサイズのディナープレートです。 お好きな料理やデザートに、流行のデパレイエ(不揃い)なテーブルコーディネートに、お好きにお使いください。 経年による変色があります。惻面縁に1cm大と、裏面縁に0、5cm大のチップがあります。使用には問題ありません。 直径 26、5cm 重量 600g 価格は商品代5650円、フランスからの送料5650円になります。

セール中のアイテム