new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

19世紀 ディゴワン・サルグミンヌ おしゃべりなお皿 デザートプレート 6月

残り1点

10,100円

送料についてはこちら

こんにちは。 サルグミンヌ の陶器製作所は1790年から20世紀後半まで、フランス東部、ドイツ国境沿いのサルグミンヌ の町で発展しました。 約200年の間に、フランス革命期に生まれた小さな家族経営の工場は、大きく前進し、楽しく、色鮮やかな製品のファンは世界中に広がりました。 ポール・ウツシュナイダー、その後はその娘婿のアレキサンドル・ドゥ・ジェジェール、その息子のポール・ドゥ・ジェジェールは真の経営者で、地方の小さな町を、陶器制作産業の最前線に推進させました。 ちなみにポールの娘エリザは、ショワジー・ル・ロワ窯の最盛期を作り上げたイポリット・ブーランジェーと結婚したそうです。 早い時期からナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィレロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。 19世紀からサルグミンヌ窯 は世界中に、花器、プランター、壁のフレスコ画、暖炉なども提供しました。 サルグミンヌ窯のおしゃべりなお皿、デザートプレートが1点のみ入荷致しました。 テーマは月です。こちらはジュワン、6月になります。 湖畔で、真ん中には子犬に向かって木の枝を見せ、今投げようとしている男の子。左手には岩に腰掛ける男の子、その岩の元には脱ぎ捨てられた服があって、湖の中にはすでに泳いでる人が見えます。その奥にはシャトーか教会のある村の風景。 夏ののどかで、さわやかな空気を感じれるお皿です。 縁取りは赤いデカルコマニー(転写画)で幾何学模様が描かれています。 綺麗な状態です。 直径 19cm 重量 250g 価格は商品代5050円、フランスからの送料5050円になります。

セール中のアイテム