{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/22

19世紀 リュネヴィル ピシェ パニエと麦の穂レリーフ ブルーのペイント

14,900円

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。 1728年、ジャック・シャンブレットがリュネヴィルにロレーヌ地方で初めてのファイアンスリー(陶器工場)を設立しました。芸術的、商業的に成功し、1748年ロレーヌ公爵から王立陶器工場に任命されたそうです。イタリア、ドイツ、ポーランド、スイス、オランダなどに輸出することにも成功。 1700年から1800年の間に、銀やベルメイユ(銀に金のメッキ)は戦争資金のためにシルバーが必要だった王によって、食器に仕様することが禁止されたため、陶器の制作が発展、ロレーヌ地方にいくつかの陶器製作所が設立されたそうです。 職人たちは周囲のもの、花や昆虫、動物から、または空想や中国の陶器からインスピレーションを得ました。 1758年、シャンブレットは増税のためと、高級品の生産のため、サンクレモンに新しい工場を設立。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。 1812年にドイツ人ケラーがリュネヴィルの陶器制作を近代工業化し、続く19世紀の間、ケラーとゲランの父と義息子達によって大きく発展しました。 1922年バドンヴィレー窯のフネル家がリュネヴィル窯を買収。ルネヴィルは1988年まで、サンクレモンは1999年まで生産を続けていました。 レリーフ状のエキュッソン(エンブレム)のマークです。情報はありませんが19世紀のものだと思います。 真っ白な釉薬の陶器製です。全体にパニエ(かご)と麦の穂のレリーフが掘られ、その上から鮮やかなブルーのペイントで、デフォルメされた植物の葉や花のモチーフが描かれています。 バルボティーヌを得意とするサンクレモン窯を併設する、リュネヴィルらしい凝った作りの美しいお品です。 ルージュのペイントのヴァージョンも見かけました。 お水やお好きな飲み物に、お酒のお供に、またはそのままで、花器として、お好きにお使い下さい。 上部ブルーのラインのペイントがところどころかすれています。 その他、使用した痕はありますが、綺麗な状態です。 直径 14cm 幅 19cm 高さ 20cm 重量 700g 価格は商品代8550円、フランスからの送料6350円になります。

セール中のアイテム