new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/28

20世紀後半 アプト スーピエール 受け皿付き 南仏食器 はちみつ色

残り1点

18,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 南フランス、プロヴァンス地方、リュベロンのアプトの町では18世紀から陶器の制作が始められたそうです。 1714年ブランカス公クロード・ルイ・エクトール・ド・ヴィラールの要請で、クロード・ムーランが最初の窯を始めました。 公爵のおかげで、彼の作品はヴェルサイユの寵児となり、宮廷は彼の皿、プレート、チョコレート ポット、コーヒーとデザート サービス、壷と噴水に夢中になったそうです。 アプトでは粘土と、テール・ドクル(黄土色の土の意味)が豊富にあり、古代から現在まで、レンガ、タイル、瓦などが開発、生産が盛んだそうです。 アプトの陶器の評判は、クロード・フランソワとバルテミー・ムーランが発明した、テール・メレ(混ぜた土の意味)と呼ばれる霜降り、またはマーブル状の色の混じり合った陶器の技術と、水差しやボウル、タバコ入れに加えられた、バロックスタイルの葉やフルーツ、ルイ16世にインスパイアされたモノクロームの小像などによるものだそうです。 現在も昔のムール(型)を使用した、また新しいクリエーションのアトリエが3、4件制作を続けています。 セラミック・ダプト・アン・プロヴァンスの刻印があります。 こちらはそんなに古いものではなく、多分1960、70年代のものではないかと思います。 蓋付き、受け皿付きのスーピエール、スープ・ボウルです。 南仏プロヴァンスらしい、はちみつ色または縁取りのマロン色からパン・グリエ(トースト)色と言われるプロヴァンス・イエローの陶器です。 蓋の取っ手はアプト窯の得意とするフルーツのモチーフで装飾されています。 縁は花リム状で、縁と、蓋と本体左右に付いた取っ手は何本かのストライプのレリーフで飾られ、濃いマロン色の彩色がされています。 プロヴァンス・スタイルながらとても洗練されたスーピエールです。 スープに、他の温かいお料理に、またはフルーツに、またはそのままでも美しいデコレーションになります。 蓋内側に1ヶ所欠けがあります。写真でご確認ください。 その他は綺麗な状態です。 スーピエール 直径24cm 幅32cm 高さ23cm 重量2300g  受け皿 直径 30cm 高さ 3、5cm 重量 950g 総重量 3250g 価格は商品代9600円、フランスからの送料9300円になります。

セール中のアイテム