new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/30

1950年代 ポエト・ラヴァル プラ・オーヴァル 花リム はちみつ色

残り1点

12,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 19世紀、ポエト・ラヴァルにはすでに、ベラール、ベルアネル、ブレ、シャラヴェルなどなど、18の陶器のアトリエが存在した様です。 第一次世界大戦後、1910年代にもともとは画家だったエチエンヌ・ノエルによって再開した様です。キャレ(正方形)の食器や、イギリスの銀器を模写したオクトゴナル(八角形) にパール・リムの食器、はユゼスのピション窯より先に制作したそうです。 ルイ15世スタイルや伝統的な花リムの食器を制作したそうです。 ノエルの他にその共同作業者ルイ・ルメール、後継者ルネ・ミロン、ルネ・ロバン、その息子ジャッキーなどの陶芸家がいたそうです。 現在では40kmほど北の、19世紀後半から陶器の制作が行われている、クルサンジュの町でエチエンヌ・ノエルの作品は引き継がれているそうです。 こちらはトラヴィア・ジョセノ ポエト・ラヴァル フランスの刻印があります。第2時世界大戦以降のお品の様です。 南仏プロヴァンス地方らしい、太陽の様なイエロー、はちみつ色の釉薬の陶器です。伝統的な花リムに複数のラインが入り、マロン色の縁取りがされています。 楕円形の大皿になります。 愛され、良く使い込まれたあじのある状態です。 とりわけ料理に、ホールのケーキに、みんなで集まる機会に。お好きにお使い下さい。 経年なりのカトラリーの後、縁に何ヶ所もチップがあります。そんな状態がお好きな方におすすめいたします。 長さ 38cm 幅 27cm 高さ 3、5cm 重量 1200g 価格は商品代6550円、フランスからの送料6350円になります。 

セール中のアイテム