{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/25

18世紀 アンティーク・ムスティエ アトリエ・フェラ ディナープレート グロテスク柄 2点セット

34,900円

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。 フランス、プロヴァンス地方のムスティエ・サント・マリーでは、 クレリシー一家がイタリアから16世紀、1550年頃に陶芸家として窯を構えたそうです。ピエール・クレリシーとその息子が共同経営者になり、1715年まではムスティエただひとつの窯だったそうです。 この時代は高温の窯で、主にカマイユ(単色、主にブルーの濃淡)の絵付け、主な装飾は、イタリアのルネッサンスにインスパイアされた狩猟場面、ルイ15世の室内装飾家ジャン・ベラン風装飾、オーナメントで縁取られた紋章、の3種類だったそうで、50から60cmの大皿にレースの様な繊細な装飾が特徴だそうです。 その後は主に2つの時代に分けられるそうで、18世紀、1737年からオレリスとロジエーがポリクローム(多色使い)とグロテスク装飾(おかしな人物像や架空の動物、怖いマスクなど)を取り入れたそう。この頃には実用的なお皿を制作。 フーケとペロカンは共同経営者として1783年クレリシーを買収して、最重要な陶芸窯のひとつになったそうです。低温の技術をムスティエに持ち込んだそうです。 その他フェロー工房、フェラ工房などが有名だったようですが、1830年ころからじょじょに工房が閉鎖されていき、フーケが19世紀半ばに閉鎖されると、20世紀にムスティエの陶器が再建されるまでその活動は途絶えてしまっていたそうです。 こちらは1点のみにXのサインがあります。 18世紀、フェラのアトリエの作品だそうです。 ムスティエ 独特の、花リムのプレートに、真っ白(だった)な釉薬、その上に明るいグリーンのカマイユー(単色の濃淡)で風変わりな人物と、想像上の植物や花々のグロテスク柄のディナープレートです。 18世紀の高台のない、丸いお尻のお皿です。 今回3枚セットで入手しましたが、1枚は大きなひびが入り修正もしていませんので販売はしません。同じタッチの同シリーズの2枚をセットで販売致します。 1枚は縁に小さな修正のあとがありますが、使用も可能です。 1枚はひびが昔の大きなホチキスで修正されています。デコ(インテリア)用、小物入れ用です。 直径 25cm 高さ 3cm 重量2点で 1000g 価格は2点セット商品代28550円、フランスからの送料6350円になります。

セール中のアイテム