{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/21

1900年 エミール・ブルジョワ グラン・デポ 白磁にグリーンのライン スーピエール

残り1点

21,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 エミール・ブルジョワは1856年から1860年、イギリスで商業を学び、イギリスの工場の代理人の資格を得た後に帰国。 1863年に今パリのオークション・ハウスのあります、ドゥルオー通り21番地と、マルセイユにも、グラン・デポを設立しました。 陶器、磁器とクリスタルのコンセプト・ストアだったそうです。 カタログも作成して流行のテーブル・スタイルを提案、当時のパリのブルジョワ層に支持をされていたそうです。 エミール・ブルジョワは1926年に亡くなったそうです。 こちらのシリーズはエミール・ブルジョワ、グラン・デポのマークの下にリモージュ、フランスのマークが見えます。 リモージュらしい真っ白で薄手の磁器製のシリーズです。 縁取りにはグリーンとゴールドのラインで装飾されています。 こちらはスーピエール 、蓋付きのスープ用ボウルです。 蓋の取っ手はアーティチョークか、キク科の蕾を、本体の両脇の取っ手はアカンサスを象っています。 シンプルで、さわやかな、美しいシリーズです。 今回レギュミエ、ソーシエール なども入荷いたしました。一緒にいかがでしょうか? ところどころライン、ゴールドのかすれた箇所があります。 その他使用した痕はありますが、きれいな状態です。 直径 27cm 幅 34cm 高さ 28cm 重量 2300g 価格は商品代12550円、フランスからの送料9300円です。

セール中のアイテム