{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/26

19世紀後半 イギリス製 WAA&Co パックス コンポティエ キャレ 小鳥と小花柄 ブラウン

残り2点

11,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 ウィリアム・アルサージャー・アドレイは、1853年の初めから、イギリスの陶磁器の産地スタフォードシャーのストック・オン・トレントのデイジー・バンク・ワークスで、いくつかの陶器製造会社のパートナーでした。 他のさまざまなパートナーが亡くなり、前身のハルス&アドレイ社の後、1974年12月 31日からウィリアム・A・アドレイが個人で事業を継続しました。 1886年 1月から会社はウィリアム・アルサージャー・アドレイ&C oとなりました。 この時期の美しいブルーのカマイユー(単色の濃淡)ピシェ や、ポリクローム(多色使い)の素晴らしいお皿やティーセットなどを残しています。 1906年までに会社はアドレイズLtdに名前が変更されました。 アドレイズは1920年代から30年代にかけて中級食器の重要なサプライヤーでした。 1941年に戦時集中計画により生産が停止されました。 アドレイズは1945年に政府から生産再開の許可を受けた最初の陶器会社の 1つでした。 1957年にローリーズLtdに買収され、エドガー・ローリーの小売店チェーンにサービスを提供する企業のアドレイズ・グループの拠点となりました。 1952年ローリーが所有していたアダレイズ社と、リッジウェイズ Ltd社の経営は、リッジウェイ&アドレイズ社として統合されました。 1955年にアドレイズはリッジウェイ・ポタリーLtdの一部となりました。 アドレイとロイヤル・アドレイの名前は、1964年までリッジウェイ・ポタリーズ社によって高級陶磁器ブランドとして継続され、その後継のアライド・イングリッシュ・ポタリーズ社 (1964年から1971 年) とロイヤル・ドルトン・テーブルウェア社 (1972年以降) によって継続されました。 アドレイの名前は1970年代半ばにドルトンによって廃止されました。 こちらは1886年から1905年までのお品のようです。 パックス、乗客と名前のついたシリーズです。生成地(アイボリーの刻印があります)の陶器に、ブラウンのトランスファー(転写画)でたぶん野バラやトケイソウなどの小花と一緒に、小鳥が枝に止まったり、花を啄ばんだり、羽を広げたりしている様子が描かれている、可愛らしく、美しいシリーズです。 今回スーピエール 、レギュミエ、ソーシーエール、プレート、お皿など入荷いたしました。 こちらはコンポティエ 、脚付きのフルーツ・プレートです。 キャレ(正方形)の形も美しいお品です。 2点入荷致しました。1点は縁に1ヶ所修正の跡があります。 経年による多少の変色はありますが、その他はきれいな状態です。 1辺 22cm 高さ  13cm 重量 650g 価格は商品代7300円、フランスからの送料4600円になります。

セール中のアイテム