new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

19世紀後半 エミール・ブルジョワ グラン・デポ ディナー・プレート デカゴナル

残り1点

11,300円

送料についてはこちら

こんにちは。 エミール・ブルジョワは1856年から1860年、イギリスで商業を学び、イギリスの工場の代理人の資格を得た後に帰国。 1863年に現在パリのオークション・ハウスのあるドゥルオー通り21番地と、マルセイユにも、グラン・デポを設立しました。 陶器、磁器とクリスタルのコンセプト・ストアだったそうです。 カタログも作成して流行のテーブル・スタイルを提案、当時のパリのブルジョワ層に支持をされていたそうです。 エミール・ブルジョワは1926年に亡くなったそうです。 こちらはエミール・ブルジョワ グラン・デポのマークがありますが、ジアン窯とのコラボレーションではないか、と思います。 縁取りが角と丸でが交互になったデカゴナル(10角形)のお皿です。 白い陶器地に、ブルーのデカルコマニー(転写画)でアカンサスやアーガイル、お花、西洋唐草模様のような幾何学模様が描かれた、たっぷりサイズの美しいディナー・プレートです。 お好きなお料理に、他のデカルコマニーのお皿と合わせて流行のデパレイエ(不揃いな)テーブル・コーディネートに、お好きにお使いいただけます。 1点のみの入荷です。 多少の貫入からの変色がありますが、漂白剤で落ちると思います。 裏面縁に3、4ヶ所チップがあります。 直径26cm 重量550g 価格は商品代5650円、フランスからの送料5650円になります。

セール中のアイテム