new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

19世紀後半 エルキュイ シルバープレート プラ・オーヴァル 花リム イニシアルBL

残り1点

16,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 オルフェヴリー(金銀細工業)エルキュイ社の歴史は1867年、パリのあるイル・ド・フランスに隣接するオワーズ県エルキュイで、司祭であったアドリアン・セレスト・ピロンによって、エマイユ(七宝焼き)とレリーフ装飾のされた、電気分解によるシルバーとゴールド製の、教会用製品の製作のため始まりました。 その後、クリスタルリー(クリスタル製品製造業)・クリシーのディレクターだったレオン・デュランに買収され、テーブル・ウェアの製作に乗り出しました。1880年に初めてのショップをパリ10区にオープン、その後現在もショップを構えるロワイヤル通りに引っ越します。 1886年デュランのいとこのジョージュ・マエが買収、クリスタルリー・クリッシーで使われていたケンタウルスのマークをエルキュイに採用。その後3世代に渡ってマエ一族が相続し、1889年、1890年の世界万博にも出店、第一次世界大戦後はアール・デコ様式の製品を制作、パヴィヨンアンリ4世やコート・ダジュール、バスクの有名ホテル、またはフランス海軍や豪華客船、オリエント・エクスプレスなどに供給し、世界的に名を広め、エルキュイ社の最盛期を迎えます。 現在もフランスを代表する高級オルフェヴリーの1つです。 こちらは1895 4の刻印があります。年月でしょうか?銀の含有量は40g。花リムの縁取りがクラシック、シンプルながら華やかな印象を与える、シルバープレートの楕円形大皿です。 多少の傷はありますが、シルバーのハゲもなく、100年以上前のお品とは思えないきれいな状態です。 プラットー、お盆としてグラスなど乗っけて、または3cmと多少深さがありますので、そのままお料理を盛り付けて大皿として、お好きにお使いください。 長さ 42cm 幅 29cm 高さ 2、5cm 重量 1200g 価格は商品代13700円、フランスからのレター送料3200円になります。

セール中のアイテム