new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/24

1950年代 サンクレモン ピシェ パイユ・モチーフ

残り1点

8,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 リュネヴィルから12kmのサン・クレモン窯は18世紀、1759年にリュネヴィルのオーナー、ジャック・シャンベレットによって、高級品の生産のため、創立されました。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。その後シャンペレットの子孫や、他の企業家に引き継がれ、1892年に再びリュネヴィル窯のオーナー、ケレーとゲランに買収され、その後飛躍的に発展したそうです。1922年にはバドンヴィレー窯のエドワード・フネルがサン・クレモンとリュネヴィルを買収。19世紀にはシャルルとエミールのガレ親子の陶器を制作。1867年パリで、1871年ロンドンの万博で賞を受賞。その他アール・ヌーヴォー、アール・デコのアーチストの作品を多く制作。バルボティーヌの制作は1930年まで続けられたそうです。同時に伝統的な陶器の制作も続け、1999年まで制作が続けられていたそうです。 サンクレモンの刻印は時代が見分けられないのですが、こちらは1950年代くらいのお品ではないかと思います。 500mlくらいのエゴイスト、おひとりさまサイズのピシェ、水差しが入荷しました。 取っ手と、本体の下部にはパイユ、麦わらのレリーフで飾られていて、昔のガラスの下部が麦わらで保護されたワインびんを思い起こさせます。 明るい茶色の水差しです。 お食事やお酒のお供に、または花器として。そのままでも素敵なインテリアになります。 きれいな状態です。 直径 10cm 幅  16cm 高さ 13cm 重量 450g 価格は商品代4700円、フランスからの送料4200円になります。 

セール中のアイテム