new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/30

1900年 サン・クレモン ジャルディニエール バルボティーヌ マーガレット・モチーフ

残り1点

14,500円

送料についてはこちら

こんにちは。 リュネヴィルから12kmのサン・クレモン窯は18世紀、1759年にリュネヴィルのオーナー、ジャック・シャンベレットによって、高級品の生産のため、創立されました。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。その後シャンペレットの子孫や、他の企業家に引き継がれ、1892年に再びリュネヴィル窯のオーナー、ケレーとゲランに買収され、その後飛躍的に発展したそうです。1922年にはバドンヴィレー窯のエドワード・フネルがサン・クレモンとリュネヴィルを買収。19世紀にはシャルルとエミールのガレ親子の陶器を制作。1867年パリで、1871年ロンドンの万博で賞を受賞。その他アール・ヌーヴォー、アール・デコのアーチストの作品を多く制作。バルボティーヌの制作は1930年まで続けられたそうです。同時に伝統的な陶器の制作も続け、1999年まで制作が続けられていたそうです。 リュネヴィル とサンクレモン両方の刻印があります。 1900年前後のジャルディニエール 、プラインターが入荷いたしました。 下膨れな楕円型の本体に、白からピンクのグラデーションのマーガレットの花が、上部縁取りを形成しながらバルボティーヌで描かれています。 地は葉のような黄色がかったグリーンの釉薬がかけられ、花から伸びた茎や葉と同化しています。 両脇に花と同色のリボンを象った角ばった取っ手が付いています。 ベルエポック時代の優雅で、女性的な、美しいお品です。 お花を飾っても、そのままでも美しいお品です。 内部に2ヶ所、外側に1ヶ所、製作時の事故と思われます釉の欠けた箇所があります。使用には問題ありません。 長さ 25cm 幅 14cm 高さ 13cm 重量 800g 価格は商品代8800円、フランスからの送料5700円になります。

セール中のアイテム