new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

1920年代 オパリン ヴァーズ 一輪差し ブルーと白 バイカラー 1

残り1点

12,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 19世紀のフランスで人気のありました、オパリン・ガラスのご紹介です。 16世紀のベネチアン・ミルク・グラス、18世紀のイギリス、ブリストルのホワイト・グラスをめざして18世紀後半のフランスで発明されたのがオパリン(不透明な)ガラスだそうです。ガラスに酸化スズ(エタン)や動物の骨や角の粉や、色によって添加物はいろいろだったようです、を混ぜたもので、吹きガラスで、鋳造ガラスのような継ぎ目がなく、ほとんどのオパリン製品はサインや刻印はないそうです。1800年から1920年ころまでのフランスで多く生産されたそうです。当初富裕層に人気で、ル・クルーゾ、バカラ、サン・ルイなどのメゾンのクリスタルの需要が低下し、次々とオパリンの生産に乗り出したそうです。 クラシカルな形と、ブルーの色ガラスと白のオパリン ガラスのバイ・カラーが美しいソリ・フルール、一輪挿しのご紹介です。 薄いブルーの色ガラスの花を生ける部分は、上部はラッパ状に広がり、下部は水を貯める部分は丸く膨らんでいます。その下に白いオパリンガラスのワイングラスのような脚が付いていて、ブルーと接続されている部分はフリルのように波打ち、ツイストされています。陽に透かすとオパリン 特有のオレンジに輝きます。 そのままで、お花を生けて、他のオパリン と並べて、素敵なインテリアになります。 きれいな状態です。 直径 8cm 高さ 29cm 重量 350g 価格は商品代8700円、フランスからの送料4200円になります。 

セール中のアイテム