{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

ボルドー ジュール・ヴィエイヤール シャス おしゃべりなお皿 1-5

8,300円

送料についてはこちら

こんにちは。 ボルドー陶器は18世紀と19世紀にフランス南西部ボルドーで制作された陶磁器です。1714年、ボルドーの海軍の会計係だったジャック・ユスタンが、10カ所の錫土器の製造および販売に関する、王家からの独占特許を取得したことからはじまったそうです。この特権は1762年まで更新されました。 当初は技術不足のため、18世紀の他の偉大な陶器窯と競合するための苦労しています。ムスティエ、モンペリエ、または中国のブルーの陶器から影響がみられます。 グレーハウンドの装飾、または花リムのお皿の縁や網のマンガンによるパープルの装飾は、この時代のボルドーの特徴です。 贅沢を自慢するブルジョワの食卓のオーダーメイド、カスタマイズド、威厳のある紋章、ボルドーワインの栄光とおもてなしの美学とともに発展、素晴らしい薬局瓶も制作されました。 独占特許の終わりとともに、フランス革命前夜には、ボルドーに8つの陶器窯がありました。がユスタン窯ほどのクオリティーではなかったようです。 1831年、ラエンとラトーの窯を、イギリスの陶器のファン、アイルランド人デヴィッド・ジョンストンが跡を継ぎます。燃料と原料をイギリスから輸入、逆にボルドーワインをイギリスに輸出しました。工業化し、陶器にカラフルなプリントの装飾をしました。最盛期には職人700人まで発展しました。 1845年、ジュール・ヴィエイヤールが後継者になります。フランス南西部、ペリグーやバイヨンヌから原材料を取り寄せました。世界万博の際、全員一致で受賞が決まりました。経営的にも、芸術的にも成功を納め、クレイユ・エ・モントローの競合になるほどだったそうです。 1865年に息子達が後継者になりましたが、1895年にその歴史を閉じました。 こちらのスタンプはジュール・ヴィエイヤール時代のものです。 「狩猟の楽しみ」とタイトルのついたおしゃべりなお皿、デザートプレート が5枚入荷いたしました。もともとは12枚セットだったものだと思います。1枚ずつストーリーが描かれています。 1、天気の犬(犬の天気で嫌な天気という言い回しになります。) 2、彼は今夜1匹の野うさぎも逃さないだろう。 3、早く来てください、私達の柵におおかみが入っています。 4、野生のカモだとお見せします。(犬のくわえているカモは養殖。) 5、落胆(犬が獲物を捕らえたのかと思ったら、他の狩猟者の犬に出会った) 12枚で物語がつながっているせいか、19世紀の背景、ジョークなのでフランス人にもよくわからないそうですが。 19世紀や狩りの服装や、動物好きな方に楽しんでいただければ。 縁取りにはブルーのデカルコマニー(転写画)で、お花に囲まれたコードシャス(狩猟用にのホルン)の丸の中に犬、野うさぎ、かもが描かれています。 経年による多少の変色があります。 3のみ製造中の事故のあとが表面縁にあります。 その他はきれいな状態です。 ご注文の際にご希望の絵柄の番号をお知らせください。 直径 21cm 重量 300g 価格は商品代4150円、フランスからの送料4150円になります。

セール中のアイテム