{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

20世紀 アプト プチ・プラ 長方形 テール・メレ

12,900円

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。 南フランス、プロヴァンス地方、リュベロンのアプトの町では18世紀から陶器の制作が始められたそうです。 1714年ブランカス公クロード・ルイ・エクトール・ド・ヴィラールの要請で、クロード・ムーランが最初の窯を始めました。 公爵のおかげで、彼の作品はヴェルサイユの寵児となり、宮廷は彼の皿、プレート、チョコレート ポット、コーヒーとデザート サービス、壷と噴水に夢中になったそうです。 アプトでは粘土と、テール・ドクル(黄土色の土の意味)が豊富にあり、古代から現在まで、レンガ、タイル、瓦などが開発、生産が盛んだそうです。 アプトの陶器の評判は、クロード・フランソワとバルテミー・ムーランが発明した、テール・メレ(混ぜた土の意味)と呼ばれる霜降り、またはマーブル状の色の混じり合った陶器の技術と、水差しやボウル、タバコ入れに加えられた、バロックスタイルの葉やフルーツ、ルイ16世にインスパイアされたモノクロームの小像などによるものだそうです。 現在も昔のムール(型)を使用した、また新しいクリエーションのアトリエが3、4件制作を続けています。 修正の跡が一ヶ所あります。 長さ 25cm 幅 18cm 高さ 2cm 重量  400g

セール中のアイテム