{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/25

1920年代 サルグミンヌ スーピエール シノワズリー ポリクローム

残り1点

16,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 サルグミンヌ の陶器製作所は1790年から20世紀後半まで、フランス東部、ドイツ国境沿いのサルグミンヌ の町で発展しました。 約200年の間に、フランス革命期に生まれた小さな家族経営の工場は、大きく前進し、楽しく、色鮮やかな製品のファンは世界中に広がりました。 ポール・ウツシュナイダー、その後はその娘婿のアレキサンドル・ドゥ・ジェジェール、その息子のポール・ドゥ・ジェジェールは真の経営者で、地方の小さな町を、陶器制作産業の最前線に推進させました。 ちなみにポールの娘エリザは、ショワジー・ル・ロワ窯の最盛期を作り上げたイポリット・ブーランジェーと結婚したそうです。 早い時期からナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィレロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。 19世紀からサルグミンヌ窯 は世界中に、花器、プランター、壁のフレスコ画、暖炉なども提供しました。 こちらは1920年代から1950年代の間のお品のようです。 たっぷりサイズのスーピエール、スープ用の蓋付きボウルです。 シリーズ名はありませんが、蓋の部分の取っ手はりんごでしょうか、桃でしょうか、フルーツのモチーフです。蓋と本体にはピヴォワンヌ(ボタン)のような大ぶりなお花と、グルナード(ざくろ)のような実、空を飛ぶツバメなどが大きく大胆に、ブルー、ルージュ、グリーンなどのポリクローム(多色使い)で描かれています。本体両脇の取っ手は貝のモチーフです。19世紀、20世紀前半にヨーロッパで流行しましたシノワズリーと、17世紀のロココ・スタイルの和洋折衷スタイルの器です。 スープに、そのほか温かいお料理に、またはフルーツなどを盛っても。お好きにお使いいただけます。 蓋の端に1ヶ所チップがあります。そのほかはきれいな状態です。 直径 26cm 幅 33cm 高さ 25cm 重量 2600g 価格は商品代8600円、フランスからの送料8300円になります。

セール中のアイテム