{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/18

19世紀後半 サンタマン ジャルディニエール ディナープレート 1−4

8,400円

送料についてはこちら

こんにちは。 フランス北東部、ベルギーとの国境沿いのサンタマン・デ・ゾーの町では、陶器制作に最適な原料や製品を運ぶ川や道路、窯の材料となる森などに恵まれていたことから、1705年、ニコラ・デスムーティエによって最初の工場が設立されました。 グラン・フー(高温の窯)で焼成された錫入りの陶器は、花や動物のモチーフのポリクローム(多色使い)やブルーのカマイユー(同色の濃淡)の装飾がされていたそうです。 その後も世襲されたり、第2の工場がベルギーのトゥルネから来たフォーケによって設立されたりと、サンタマン の陶器制作は継続されましたが、フランス革命によって一時途絶えます。 1810年、ドルシとエルベによってサンタマン の陶器制作は再開されます。 1887年、マニュフェクチュール・ド・ファイアンス・エ・ド・ポーセレン社設立。 1896年、サン・アマンド・エ・ハマージュ・ノール ブランド設立。 最盛期を迎え、工場では約700人が働いていたそうです。 1900年、ソシエテ・アマンディノワーズ・ド・ファイアンスリー設立。 1908年 セラノールド設立。 マークは白鳥。 タイルも制作。 第一次世界大戦後、プロヴァンの町で粘土を抽出し始め、オルシの町にも小さな工場を拡大。 1923年に親会社と合併し、会社名をファイアンス・エ・ポーセレン ・ド・サンタマン 、オルシ、アマージュに、その後にマニフェクチュール・ドゥ・ムーラン・デ・ルー、アマージュに変更しました。5 つの工場で構成され、サンアマンに 2 つ、ヴァンディニー アマージュ、オルシー、プロヴァンです。 1952 年、ヴァンディニー アマージュ(サンタマン ・エ・アマージュ ノール)工場 が閉鎖され、 1954 年には、他の工場も閉鎖。 1962 年にレ・グラン・エタブリスマン・セラミック(セラノール)も閉鎖されたそうです。 こちらのマークの情報はありませんが19世紀後半のお品だと思います。 19世紀後半に流行し、サルグミンヌ 窯などいろんな窯で制作されていました、ジャルディニエール (庭師、花器などの意味)柄のお皿が何点か再入荷いたしました。 こちらはグリーンのデカルコマニー(転写画)です。ヒナゲシ、トケイソウ、バラ、ムクゲ(ハイビスカス)などが、柵のような菱形のモチーフと一緒に、お皿いっぱいに描かれた、華やかなシリーズです。 こちらはディナープレート、平皿23cmです。 お好きなお料理にお使いください。 4枚入荷しました。 全てきれいな状態です。 直径 23cm 重量 400g 価格は商品代4200円、フランスからの送料4200円になります。

セール中のアイテム