new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/22

19世紀 バドンヴィレー ピシェ ランデ バルボティーヌ

残り1点

10,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 フランス東部、ドイツとの国境沿いの陶器、ガラス製品などの製造が盛んなグラン・エスト地方のバドンヴィレー窯の歴史は、1828年、農民だったニコラ・フネルが、1719年から隣町ペクソンヌにあった陶器工場を継承して始まりました。 1857年にニコラ・フネルが亡くなり、彼の子供と甥が継承しました。 甥のテオフィル・フネルは自分の工場を設立。300人以上を雇用するまで成長します。 バドンヴィレーには、当時の陶器の製造に必要な薪を供給するための森林が近接していて、エネルギー源になりました。その他の原材料は別の場所から供給する必要がありましたが、当時発達し始めた鉄道が役立ちました。 1905年、テオフィル・フネルが亡くなり、息子のエドゥアールが彼の後を継義ました。この時代にバドンヴィレー窯は1000人を雇用、 有名な芸術家、ムーギン兄弟とジオコンデ兄弟が芸術作品を製作、窯は最盛期を迎えました。 1921年、フネル家は、リュネビルとサンクレモンの陶器工場を買収しました。これらの工場はエドゥアール・フェナルによって管理されていました。 1938年からはエドゥアールの息子のバーナードが、 第2次世界大戦でバーナードが亡くなるとその息子のギルバートが継承しました。 バドンヴィレーでの陶器の生産は1990年に終了したそうです。 こちらはFBの刻印があります。19世紀後半から20世紀前半のバドンヴィレー 窯のお品のようです。 バルボティーヌのピシェ、水差しです。 モチーフはランデ、フランス西南部のアキテーヌ地方の町ランデでは、18世紀、19世紀、水はけの悪い湿地で羊の放牧が盛んに行われていて、このようなエシャッスと呼ばれる竹馬に乗って、羊飼いの仕事をしていたそうです。 今ではランデ特有の伝統衣装とされていて、こちらのピシェにも描かれています。牧歌的な、可愛らしい、カーキ色の色合いも美しいピシェです。 お好きなお酒のお供に、お花を生けて、お使いください。 上部縁に1ヶ所チップがあります。 多少の経年による変色などあります。 直径 14cm 幅 18cm 高さ 18cm 重量 650g 価格は商品代6700円、フランスからの送料4200円になります。

セール中のアイテム