new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

1930年代 サンタマン ディナー・プレート トリコロール・チェック

残り1点

¥8,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 サンタマンのファイアンス(陶器)はサンタマン、オルシ、ヴァレンシエンヌ、ノード・パ・ド・カレなど、複数の工場で制作されました。 フランスの北東部、ベルギー国境沿いのサンタマン・レ・ゾーは、道路網、川と運河、森林があり、ファイアンス工場を建設するのに最適だったそうです。 18世紀前半、1705年に最初のファイアンスリー(陶器製作所)が出来てから、隣接するオルシと合併したり、戦争の影響を受けながら、名前を変えてムーラン・デ・ルーになったりしながら1960年代まで陶器の制作が続けられていました。 こちらは1930年代のお品のようです。 白地の陶器のお皿に、ルージュとブルーの、フランスらしいトリコロールの配色でキャロー(チェック)の模様が、縁取りと真ん中にもポショワー(ステンシル)で描かれています、美しいお皿です。 フランスではトーション(布巾)柄とも呼ばれます。 今回トリコロールのお皿が数点入荷致しました。同色で、いろんな柄を揃えても楽しい食卓になると思います。 こちらは平皿22cmです。 1枚のみの入荷です。 カトラリーの跡が多く見られます。裏側に表に貫通していない薄いラインGA1本あります。しみもあります。写真でご確認下さい。 直径 22cm 重量 400g 価格は商品代4200円、フランスからの送料4200円になります。

セール中のアイテム