new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/22

1940年代 ヴィレロイ・ボッホ ストラスブール デザート・プレート 平皿19cm 1−14

¥7,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ロイヤル・コペンハーゲン、マイセンと並んでヨーロッパの3大窯と言われるヴィレロイ&ボッホは、1748年、ドイツ人フランソワ・ボッホにより、今のフランス、ロレーヌ地方に創立されました。 その後ルクセンブルグに工場を設立、マリア・テレジアの庇護を受け、王室御用達となりました。 一方二コラ・ヴィレロイは1791年にヴォードルヴァンジェに陶磁器工場を創立。 その後競争が激化するヨーロッパの陶磁器業界において確固たる地位を築くため、職人肌のボッホ家と、ビジネスマンのヴィルロイ家は3つの工場を合併し、ヴィレロイ&ボッホが誕生したそうです。 現在はドイツのメトラッハに本社を構えるそうです。 18世紀フランスの5大ファイアンスリー(陶器窯)の1つ、ストラスブール窯にオマージュを捧げたシリーズです。 シャルル・アノンによって設立され、息子ポール・アノンによって写実的な、ポリクローム (多色使い)の花々の描かれたストラスブール窯のプレートは、3代目のジョセフへと継承され、美しい作品を残しています。 19世紀、20世紀の陶磁器製作に大きな影響を与えました。 こちらは Alt Strasbourg (ドイツ語で古いストラスブールの意味だそうです。)と名前がついているシリーズです。 グリーンのラインの縁取りがされた、白い陶器の花リムのお皿に、赤、黄色、ブルー、グリーン、パープルなどのポリクロームで、チューリップや薔薇、桔梗、マーガレットなどさまざまなお花が描かれた、華やかで美しいシリーズです。 今回スーピエール、ソーシエール、スーププレート、デザートプレートなどなど入荷いたしました。 こちらは平皿19cmです。 中央の花 ばら 6枚 *8月20日1枚ソールドアウトです。 チューリップ 4枚 *8月20日1枚ソールドアウトです。 マーガレット 4枚 *8月20日2枚ソールドアウトです。 です。 綺麗な状態です。 直径 19cm 高さ 2cm 重量 250g 価格は商品代3700円、フランスからの送料3700円になります。

セール中のアイテム