new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

19世紀 コンフィチュリエ 白磁 ビスキュイ いちごモチーフ

残り1点

¥19,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ビスキュイは980度から1040度で焼かれた釉薬なしの陶器、または1200度から1400度で焼かれた軟質、または硬質の磁器、その他グレ(砂のまじった固いせっ器)のビスキュイもあるそうです。 ビスキュイは特に小さな彫像や、彫像を使ったシュートゥ(サントル・ドゥ・ターブル、テーブル中央の装飾)に使われるそうです。 フランスでは、ルイ15世とポンパドール夫人時代の18世紀半ば、王立セーヴル磁器工場で、ドイツのマイセン窯のポリクローム(多色使い)と一線を画すため制作が始まったそうです。 こちらはサインや、マークなどありませんが、磁器のビスキュイなので19世紀後半から20世紀前半の、セーヴルかリモージュ、またはポーセレン・ド・パリのお品ではないかと思います。 平たい蓋つきのポットと、ソーサーのセットのこの形はコンフィチュリエ 、ジャム用のポットではないかと思います。 蓋、本体、ソーサー全体にフレジエ、いちごの小さな花々と蕾、葉っぱや茎などが実写的なタッチのレリーフで描かれています。 真っ白で潔い、シンプルな、かわいらしいお品です。 硬質なのに柔らかい、ビスキュイ特有の触り心地も気持ちの良いお品です。 シュクリエ(シュガー・ポット)やボンボニエール(キャンディー・ポット)またはアクセサリー入れなどとしてもお使いいただけると思います。 蓋内側縁に製作時のひびがありますが欠陥ではありません。 多少の経年による汚れ等ありますが、綺麗な状態です。 ポット 直径 15cm 高さ 10cm ソーサー 直径 19cm 高さ 2cm 総重量 600g 価格は商品代15600円、フランスからの送料4200円になります。

セール中のアイテム