new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/30

1900年 リュネヴィル デザート・プレート パニエ皿 ストラスブール風 1ー8

¥8,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 1728年、ジャック・シャンブレットがリュネヴィルにロレーヌ地方で初めてのファイアンスリー(陶器工場)を設立しました。芸術的、商業的に成功し、1748年ロレーヌ公爵から王立陶器工場に任命されたそうです。イタリア、ドイツ、ポーランド、スイス、オランダなどに輸出することにも成功。 1700年から1800年の間に、銀やベルメイユ(銀に金のメッキ)は戦争資金のためにシルバーが必要だった王によって、食器に仕様することが禁止されたため、陶器の制作が発展、ロレーヌ地方にいくつかの陶器製作所が設立されたそうです。 職人たちは周囲のもの、花や昆虫、動物から、または空想や中国の陶器からインスピレーションを得ました。 1758年、シャンブレットは増税のためと、高級品の生産のため、サンクレモンに新しい工場を設立。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。 1812年にドイツ人ケラーがリュネヴィルの陶器制作を近代工業化し、続く19世紀の間、ケラーとゲランの父と義息子達によって大きく発展しました。 1922年バドンヴィレー窯のフネル家がリュネヴィル窯を買収。ルネヴィルは1988年まで、サンクレモンは1999年まで生産を続けていました。 こちらは2種類のスタンプがありますが、1890年から1920年代のお品のようです。 19世紀後半に流行、いろんな窯で製作されていました、パニエ、籠のようなレリーフとアジュレ 、その周りに穴開きの縁飾りのパニエ・プレートのデザート・プレートです。それにリュネヴィル 窯の人気シリーズ、18世紀のストラスブール窯風ハンド・ペイントのブーケの描かれたデザート・プレートです。 手描きですので1枚、1枚違います。ばら、チューリップ、ヒナギク、りんどう、忘れな草、ダリアなどなど色々なお花が、カラフルに、いろんな組み合わせで描かれています。 アジュレ の部分には赤で彩色がされています。 直径18cmのサイズも相まって、とてもかわいらしいお皿です。 デザートに、パンに、お惣菜にも、お好きにお使いいただけます。 2枚は経年による変色があります。 1枚裏面縁にチップがあります。 1枚はラインが1本、裏面縁にチップがあります。 彩色のところどころに色のはげがあります。 その他は経年の割に綺麗な状態です。 *お問い合わせがありましたので追記いたします。 1、綺麗です 写真1/30 2、かけ 12/30 3、変色 14/30 4、綺麗です 15/30 5、ラインあり 極小欠けあり 17/30 6、綺麗です 19/30 7、変色 22/30 8、綺麗です 24/30 *2022年9月15日2、ソールドアウトです。 直径 18cm 重量 200g 価格は1枚、商品代5100円、フランスからの送料3800円になります。

セール中のアイテム