{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/21

19世紀 オパリン・ガラス コンポティエ 白 パールとスタッズ

残り1点

14,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 19世紀のフランスで人気のありました、オパリン・ガラスのご紹介です。 16世紀のベネチアン・ミルク・グラス、18世紀のイギリス、ブリストルのホワイト・グラスをめざして18世紀後半のフランスで発明されたのがオパリン(不透明な)ガラスだそうです。 ガラスに酸化スズ(エタン)や動物の骨や角の粉や、色によって添加物はいろいろだったようです、を混ぜたもので、吹きガラスで、鋳造ガラスのような継ぎ目がなく、ほとんどのオパリン製品はサインや刻印はないそうです。 1800年から1920年ころまでのフランスで多く生産されたそうです。当初富裕層に人気で、ル・クルーゾ、バカラ、サン・ルイなどのメゾンのクリスタルの需要が低下し、次々とオパリンの生産に乗り出したそうです。 こちらは19世紀後半から20世紀前半のお品ではないかと思います。 真っ白なオパリン・ガラスのプチ・コンポティエです。日に透かすと、暖かいオレンジ色に透けて見えます。鋳造ガラスの様です。 お皿部分の裏側にパールや、キャレ(正方形)やひし形のスタッズが連なった模様で装飾されています。 足の部分は梨型、底の部分はお花の様な9角形です。そこの裏側にもパールとスタッズの装飾があり、こちらのお品のクオリティーを物語っています。 どっしりとした質感の美しいお品です。 フルーツに、ケーキに、そのままでも素敵な食卓のインテリアになります。 縁に2、3ヶ所チップが、縁とお皿部分裏側に1ヶ所づつ製造時の事故があります。使用には問題ないと思います。 その他は綺麗な状態です。 直径 19cm 高さ 15cm 重量 800g 価格は商品代8550円、フランスからの送料6350円になります。

セール中のアイテム