{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/30

19世紀後半 クレールフォンテーヌ シャトー ディナー・プレート Aランク 1ー5

9,800円

送料についてはこちら

こんにちは。 クレールフォンテーヌ窯は1803年、JFエスティエンヌが12世紀から修道院だった跡地に設立したそうです。1833年にはその義理のいとこのジャン・バティスト・リガルが継ぎ、プリントされたポーセレン・オパック(不透明な磁器)の技術を開発。1843年にはその息子エミールが継ぎ、1860年にその義理の兄弟ジュール・サネジュアンが共同経営者に加わりました。1869年にはグレ・ナンキンを、1875年にセーヴル窯のデコレーター ヴィクトール・アメリンが加わり、バルボティーヌやエモー・オンブラン(陰影のあるエナメル)の技術も開発され、クレールフォンテーヌの窯は飛躍的に生産量を増やします。1878年にはエモー・マジョリックとオクトゴナル型のインディアナのコレクションでパリ万博で受賞。1876年と79年の間には著名なアーティスト、シャルルとエミール・ガレに素材を提供。1885年にリガルがサラン窯を設立して、クレールフォンテーヌ窯を離れたため、ジュール・サネジュアン(JS)が子孫のレオン・グラーヴと共同で後を継ぎます。1890年にはグラーヴ(LG)がひとりで経営に乗り出し、現代的、機械的な制作法に変わったそうです。1913年グラーヴが亡くなるとその未亡人があとを継いだそうですが、戦争や恐慌の影響で1932年にその歴史を終えたそうです。 こちらのマークはSとGなので、サネジュアンとグラーヴ、1886年から1889年の間のお品だと思います。 シャトー(お城)の名前の付いたシリーズです。 ブルー・グリーンのデカルコマニー(転写画)でフランスの美しい城が描かれたシリーズです。 4種類の絵柄が入荷致しました。 1、シャンティイ城  パリ近郊のオワーズ県、クレーム・シャンティイや、18世紀マリー・アントワネットも愛用した黒いシルクのシャンティイ・レース、ポーセレン のシャンティイ窯も有名なシャンティイ市のお城です。 1点入荷 綺麗な状態です。 2、ピエールフォン城 1点入荷 綺麗な状態です。 14世紀、オワーズ県に、ルイ・ドルレアン公によって要塞として建設され、その後廃墟の状態に。19世紀にナポレオン3世の命で建築家ウジーヌ・ヴィオレ公によって再建されたそうです。 3、シャンブール城 2点入荷  1点は表面に貫入からの変色が1部あります。 1点は裏面に1cmのチップがあります。(ランクB) 16世紀、旧フランス王家所縁のシャトーの多いロワール河沿いに、フランス王フランソワ1世の狩猟用の館として建設されたそうです。 4、ランブイエ城 2点入荷  1点は綺麗な状態です。 1点は表面に貫入からの変色が1ヶ所あります。 パリ近郊イヴリン県の14世紀建築の、元々は旧王族の、近年はフランス大統領の別邸として、狩りやサミットなどの外交の場として使用されているそうです。 ご注文の際お好きな絵柄の番号をお知らせください。 綺麗なものからお出し致します。 直径 23cm 高さ 2、5cm 重量 350g 価格は商品代5600円、フランスからの送料4200円になります。

セール中のアイテム