{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/19

ロンウィ シャルトル スープ・プレート コクリコ柄 1-3

残り2点

9,200円

送料についてはこちら

こんにちは。 ロンウィ窯は1798年、ベルギーとリュクサンブールの国境沿いの修道院跡にシャルル・レニエによって設立されました。 最初はクラッシックなテーブルウェアを制作。ナポレオン1世が、レジオン・ドヌールの教育機関用の食器を発注したそうです。 1816年、戦争による困難からレニエは会社を売却。 ボック一家の娘と結婚したジャン・アントワーヌ・ドゥ・ノトンが窯を引き継ぎ、義父のアドバイスもあり、上質な白いエナメルの制作と販売に成功します。 1835年以降ドゥ・ノトンの娘の夫、ベルギーのアンリ・ジョセフ・デュアー男爵が跡を継ぎ、コーク窯、新しい釉薬、陶器の印刷など新しい技術などを導入、会社を近代化し、万博などで数々の賞を受賞しました。 1866年、2人の息子フェルナンとイポリットが継ぎます。このころの製品にはひいらぎの紋章のスタンプが見られます。2人は、フランスでの中近東の有線エナメルの需要に答えるため、コンスタンチノーブル(イスタンブール)から、ジアン、クレイユ・エ・モントロー、ボルドーなどにも技術提供したアーティスト アメデ・デ・カランダを呼び寄せた、と見られています。ロンウィの代名詞と言えるエナメル陶器の誕生です。ロンウィのエナメルのノウハウと技術はフランスの無形文化財目録に記載されているそうです。その他中国、日本、イズニック、ペルシャ、エジプトなどの装飾からインスピレーションを受け、マジョリカ、ブロカテル、グランフー、フラメなどの技術も生み出し19世紀後半にロンウィ窯は最盛期を迎えます。20世紀に入り他のファイアンスリー同様危機を迎えますが、あらたな資本を得て再生、現存する数少ない陶器窯の1つです。 こちらはヒイラギのマークですので1866年以降のフェルナンとイポリット時代のお品の様です。 パリ近郊の、ユネスコ世界遺産に登録された、ステンドグラスで有名なシャルトル大聖堂のあるシャルトルの名前が付いたシリーズです。 郊外や田舎の野に、可憐に、鮮やかに咲くコクリコの花々が繊細なタッチのデカルコマニー(転写画)で描かれた、可愛らしいシリーズです。 こちらはスーププレート、深皿です。3枚入荷致しました。 3枚ともチップ、ラインはありません。 1枚は綺麗な状態です。2枚は表面、背面に経年による多少の変色があります。 直径 24cm 高さ 3、5cm 重量 450g 価格は商品代4600円、フランスからの送料4600円になります。

セール中のアイテム