{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/19

19世紀後半 サルグミンヌ ティエール シノワズリー

残り1点

17,500円

送料についてはこちら

こんにちは。 グラン・エストと言われるフランス東部、ドイツの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が始まりました。 ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。 カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。 一方、フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。 一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開しました。 1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ窯が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。 最終的にはリュヌヴィル、サンクレモン窯に吸収され、2007年にその活動を終えました。 こちらは1875年から1900年頃のお品だそうです。 当時盛んに開催されていた世界万博の影響で流行した、シノワズリー(中国風)ジャポニスム(日本風)の陶器はどこの陶器窯でも製作されていました。 こちらはサルグミンヌ 窯の中国風のティエールです。少し生成がかった陶器に、紋と菊の描かれたオレンジ色の縁取り、西洋風なアカンサスや、唐草模様の装飾の間からは中国人風なムッシューが、琵琶を弾いたり、笛を吹いたり(?)している様子が、オレンジ、マロン、ゴールドなどの色調のデカルコマニー(転写画)で描かれています。当時の西洋視線の東洋が垣間見れる興味深いお品です。 紅茶にも、緑茶にも、コーヒーにもお使い頂けると思います。 蓋内側に2ヶ所、注ぎ口に1ヶ所極小のチップがありますが、使用には問題ないと思います。それ以外は150年前のお品にしたら綺麗な状態です。 直径 14cm 幅 19cm 高さ 20cm 重量 750g 価格は商品代11800円、フランスからの送料5700円込みになります。

セール中のアイテム