{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

1950年代 ウェッジウッド エダム デザート・プレート Aランク 1ー7

7,400円

送料についてはこちら

こんにちは。 古代ローマのポートランドの壺を模した、ブルーの硬質のストーンウェアに、白いカメオ・ガラスの装飾をしたジャスパーウェアで有名な、ウェッジウッド窯は1759年、陶工の息子ジョサイヤ・ウエッジウッドによって、イギリス中部の陶器の産地、スタファードシャー、バーズレムに創立されたそうです。 1765年には、会社の代表作となる、エナメルを用いたクリーム色の陶器、クリームウェアを完成させ、時のシャーロット王妃に納められ、クイーンズウェアの称号を得ました。 1774年にはジャスパーウェアを開発。 同年、ロシアのエカチュリーナ女帝にもフロッグサーヴィスと呼ばれる944点の陶磁器セットを納め、アメリカにも進出しました。 その後もジョサイヤ・ウェッジウッド5世まで世襲され、エトルリア、ストーク・オン・トレントへと工場を移転、拡大。 20世紀、1960年代には創業300年以上のウィリアム・アダムス社他、多くの同業者を買収して拡大しました。 1967年には家族経営を離れ、現在はフィンランドのWWRDホールディングス傘下にあるそうです。 18世紀から20世紀までイギリスを代表する陶磁器窯です。 エダムシリーズは、18世紀半ばに、ドイツやフランスの磁器と競争することを目指し、ジョサイヤ・ウェッジウッドによって完成され、普及されたクリーム・ウェア製です。 クリームウェアは磁器ではなく、白い鉛釉薬を使った白い粘土でできているそうです。 18世紀前半のデコラティブなロココ・スタイルの後、シンプルで合理的なデザインが求められていた時代、1748年のポンペイの発見なども影響して、古代ギリシャやローマのスタイルからインスパイされた様です。 その後、1904年からウェッジウッドのデザイナーだったジョン・グッドウィンは、18世紀後半の新古典主義に20世紀のテイストとニーズを加え、エダムシリーズを完成させたそうです。 こちらのスタンプは1935年から1963年のもので、刻印に51とあるのでたぶん1951年のものではないか?とのことです。 クリーム・ウェアの名の通り、クリームのような生成色の陶器のお皿です。 縁取りにはストライプのレリーフと、その外側には細くチェーンのようなレリーフで飾られています。 シンプルでエレガント、どんなお料理や他のお皿にも合わせやすいお皿と思います。 こちらはデザート・プレート、平皿18、5cmです。 7枚入荷致しました。 貫入、何枚かは極小のしみはありますが、その他は綺麗な状態です。 直径 18、5cm 重量 250g 価格は、商品代3700円、送料3700円です。

セール中のアイテム