19世紀後半 クレール・フォンテーヌ シャス ディナー・プレート24cm 狩猟柄 1ー3
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/28

19世紀後半 クレール・フォンテーヌ シャス ディナー・プレート24cm 狩猟柄 1ー3

残り1点

¥8,000 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 クレールフォンテーヌ窯は1803年、JFエスティエンヌが12世紀から修道院だった跡地に設立したそうです。 1833年にはその義理のいとこのジャン・バティスト・リガルが継ぎ、プリントされたポーセレン・オパック(不透明な磁器)の技術を開発。 1843年にはその息子エミールが継ぎ、1860年にその義理の兄弟ジュール・サネジュアンが共同経営者に加わりました。 1869年にはグレ・ナンキンを、1875年にセーヴル窯のデコレーター ヴィクトール・アメリンが加わり、バルボティーヌやエモー・オンブラン(陰影のあるエナメル)の技術も開発され、クレールフォンテーヌの窯は飛躍的に生産量を増やします。 1878年にはエモー・マジョリックとオクトゴナル型のインディアナのコレクションでパリ万博で受賞。 1876年と79年の間には著名なアーティスト、シャルルとエミール・ガレに素材を提供。 1885年にリガルがサラン窯を設立して、クレールフォンテーヌ窯を離れたため、ジュール・サネジュアン(JS)が子孫のレオン・グラーヴと共同で後を継ぎます。 1890年にはグラーヴ(LG)がひとりで経営に乗り出し、現代的、機械的な制作法に変わったそうです。 1913年グラーヴが亡くなるとその未亡人があとを継いだそうですが、戦争や恐慌の影響で1932年にその歴史を終えたそうです。 こちらはJSの刻印ですので1885年ころのお品になります。 シャス、もともと貴族のスポーツだった狩猟がテーマのシリーズです。 野うさぎ、きつね、きじ、うずら、しかなどの野生の動物達と、たぶんスパニエルでしょうか?狩猟犬と、ならの樹と葉、その実のどんぐりが、白地のテール・ド・フェーの陶器地に、ブルーグリーンのデカルコマニー(転写画)で描かれています、 ジビエの季節にふさわしい、秋らしい食器達です。 前回好評頂きましたこちらのシリーズ、その後も何件もお問い合わせいただきました。フランスでも人気があり、なかなか手に入りに食いお品です。 こちらはディナー・プレート、平皿24cmです。 3枚入荷致しました。 野うさぎ 表縁に1ヶ所2cmくらいの欠けがあります。 きつね 表から裏に通じるひびが1本あります。がたつきはありません。 狩猟犬 表面縁に1cmくらいのチップが1ヶ所あります。 その他は綺麗な状態です。 ご注文の際にご希望の絵柄をお知らせ下さい。 ✳︎11月21日 狩猟犬ソールドアウトです。 ✳︎12月05日 うさぎソールドアウトです。 直径 24cm 重量 400g 価格はフランスからの送料4200円込みになります。