new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/21

クレール・フォンテーヌ ラヴィエ デルフト 植物柄 ブルー

残り1点

8,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 クレールフォンテーヌ窯は1803年、JFエスティエンヌが12世紀から修道院だった跡地に設立したそうです。1833年にはその義理のいとこのジャン・バティスト・リガルが継ぎ、プリントされたポーセレン・オパック(不透明な磁器)の技術を開発。1843年にはその息子エミールが継ぎ、1860年にその義理の兄弟ジュール・サネジュアンが共同経営者に加わりました。1869年にはグレ・ナンキンを、1875年にセーヴル窯のデコレーター ヴィクトール・アメリンが加わり、バルボティーヌやエモー・オンブラン(陰影のあるエナメル)の技術も開発され、クレールフォンテーヌの窯は飛躍的に生産量を増やします。1878年にはエモー・マジョリックとオクトゴナル型のインディアナのコレクションでパリ万博で受賞。1876年と79年の間には著名なアーティスト、シャルルとエミール・ガレに素材を提供。1885年にリガルがサラン窯を設立して、クレールフォンテーヌ窯を離れたため、ジュール・サネジュアン(JS)が子孫のレオン・グラーヴと共同で後を継ぎます。1890年にはグラーヴ(LG)がひとりで経営に乗り出し、現代的、機械的な制作法に変わったそうです。1913年グラーヴが亡くなるとその未亡人があとを継いだそうですが、戦争や恐慌の影響で1932年にその歴史を終えたそうです。 こちらのマークはSとGなので、サネジュアンとグラーヴ、1886年から1889年の間のお品だと思います。 デルフトとヨーロッパのファイアンスリーが多くインスピレーションを得ている、16世紀から続くオランダのデルフト窯の名前がついています。 白地のファイナンスの菱形のラヴィエ(前菜皿)の、縁取りはペイズリーのモチーフで飾られています。中央にはダリアのような花が一株、根まで、デルフト窯の陶器のようにブルーのカマイユ(単色の濃淡)で描かれています。可愛らしいお皿です。 前菜に、デザートに、おやつに。お好きにお使い下さい。 経年による多少の変色がありますが、綺麗な状態です。 長さ 24cm 幅 13cm 高さ 3cm 重量 250g 価格はフランスからの送料3700円込みになります。

セール中のアイテム