{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

19世紀後半 ジアン おしゃべりなお皿 従順な山羊 パニエ・レリーフ

残り1点

7,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。 実用的な陶器から始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。 18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供しました。 一方で新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。 19世紀の数あるファイアンスリー(陶器製作所)の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロンウィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 現存する数少ない窯のひとつです。 こちらのマークは1886年から1938年まで使用されたそうです。 真っ白な陶器の、縁取りは籐を編んだパニエの様なレリーフの美しいデザート・プレートです。真ん中にはグリザイユ(白黒の濃淡)のイラストがデカルコマニー(転写画)で描かれています。 もともと12枚セットだったと思いますが、1枚のみの入荷です。 12星座のシリーズだったのではないでしょうか? 番号は7、順従な山羊、というタイトルが付いています。 1匹の山羊を囲んで天使(羽根はないですが)が2人、ひとりは山羊の上に乗り、ひとりは首に抱きついおています。かわいらしいデザート・プレートです。 残念ながら縁に1本ひびがあります。ところどころに変色もあります。 実用よりインテリアとしての使用にお勧め致します。 直径 18cm 重量 200g 価格はフランスからの送料4300円込みになります。

セール中のアイテム