1980年代 サルグミンヌ ピロブラン マリン・ナシオナル・フランセーズ 仏海軍 デザート・プレート 1−8
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/28

1980年代 サルグミンヌ ピロブラン マリン・ナシオナル・フランセーズ 仏海軍 デザート・プレート 1−8

¥9,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 サルグミンヌ窯の子孫であるサルグミンヌ・ヴェッセル(食器の意味)社は1968年にピロブランの技術を開発しました。ディゴワン近郊の採石所から採れるカオランを使用し、1250度で焼成するガラス質のポーセレン(磁器)で、ナイフの通過や、破損、欠けに耐久性があり、スタッキングにも最適化された、ホテルやレストラン、ケータリングなどに使用される業務用の磁器食器です。 19世紀から20世紀後半に最盛期を迎えたフランス(ヨーロッパ)の陶器磁器産業の衰退は、食器洗浄機と電子レンジの台頭と、それに適した耐熱性ガラス食器(パイレックスやデュラレックス)などの普及によるところが大きいそうですが、こちらのシリーズはその頃に開発されたものだと思います。 真っ白な磁器の、重厚で、実用的な業務用食器です。 こちらは白地の磁器にブルーの錨のマークとロープの縁取りの可愛らしい、マリン・ナシオナル・フランセーズ、フランス海軍用の食器です。 デザート・プレート、小平皿です。 フランスでもコレクターの多い人気アイテムです。 8枚入荷致しました。 2枚のみ経年による貫入とそこからのしみが多少あります。その他はデッドストックのとても綺麗な状態です。 直径 19、5cm 重量 400g 価格はフランスからの送料3900円込みになります。