{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

1910年代 サンタマン スーピエール モデルヌ アレバコズ・ボウシャン

残り1点

17,900円

送料についてはこちら

こんにちは。 サンタマンのファイアンス(陶器)はサンタマン、オルシ、ヴァレンシエンヌ、ノード・パ・ド・カレなど、複数の工場で制作されていたそうです。フランスの北東部、ベルギー国境沿いのサンタマン・レ・ゾーは、道路網、川と運河、森林があり、ファイアンス工場を建設するのに最適だったそうです。18世紀前半、1705年に最初のファイアンスリー(陶器製作所)が出来てから、隣接するオルシと合併したり、戦争の影響を受けながら、名前を変えてムーラン・デ・ルーになったりしながら1960年代まで陶器の制作が続けられていました。 こちらのA.Lebacqz & M.Bouchart 社の刻印は20世紀前半のものだそうです。アール・ヌーヴォースタイルの装飾から1900年から1910年代のものだと思います。 モデルヌと名前がついています。カーネーションと、星形の花はキキョウでしょうか?がアール・ヌーヴォー様式特有のデフォルメされた、流線型で描かれています。白地の陶器に明るいブルーのデカルコマニー(転写画)で描かれています、美しいスーピエール、蓋つきのスープ・ボウルです。 スープの他、暖かいお料理の保温や、蓋なしでサラダやフルーツにもお使い頂けます。 とても綺麗な状態です。 直径 22cm 幅 25cm 高さ 32cm 重量1、65kg 価格はフランスからの送料7900円込みになります。

セール中のアイテム