1950年代 ビレロイ・ボッホ  フェニックス ムタルディエ 1-2
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

1950年代 ビレロイ・ボッホ  フェニックス ムタルディエ 1-2

残り2点

¥7,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ロイヤル・コペンハーゲン、マイセンと並んでヨーロッパの3大窯と言われるビレロイ&ボッホは、1748年、ドイツ人フランソワ・ボッホにより、今のフランス、ロレーヌ地方に創立されました。 その後ルクセンブルグに工場を設立、マリア・テレジアの庇護を受け、王室御用達となりました。 一方二コラ・ビレロイは1791年にヴォードルヴァンジェに陶磁器工場を創立。 その後競争が激化するヨーロッパの陶磁器業界において確固たる地位を築くため、職人肌のボッホ家と、ビジネスマンのビルロイ家は3つの工場を合併し、ビレロイ&ボッホが誕生したそうです。 現在はドイツのメトラッハに本社を構えるそうです。 こちらのスタンプの詳細は得られませんでしたが、1950年代ころのものと思います。 フェニックス、不死鳥と名前が付いたカップ&ソーサーと同シリーズですが、ムタルディエにはフェニックスは描かれていません。 薄い生成の陶器地に、もともと中国の陶器にインスピレーションを受けたと思われます、牡丹や梅の花でしょうか?が赤や黄色などカラフルな色調で描かれています、美しいマスタード用のポットです。 またはポ・ア・クレーム、デザート用のポットとしてもお使い頂けると思います。 2点仕入れました。 お揃いではないのですが、1つはアイボリー、一つは木製のスプーンが付いていたのでおつけします。 1点は使用した痕はありますが綺麗な状態です。 もう1点は蓋部分が経年により変色しています。 直径本体部分 6、5cm 幅 8、5cm 高さ 12cm 直径ソーサー部分11、5cm重量 210g 価格はフランスからの送料3500円込みになります。