1900年 サンタマン ラヴィエ ききょう柄
new
608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9 608d5911e70dc41a68f01fd9

1900年 サンタマン ラヴィエ ききょう柄

残り1点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 サンタマンのファイアンス(陶器)はサンタマン、オルシ、ヴァレンシエンヌ、ノード・パ・ド・カレなど、複数の工場で制作されていたそうです。 フランスの北東部、ベルギー国境沿いのサンタマン・レ・ゾーは、道路網、川と運河、森林があり、ファイアンス工場を建設するのに最適だったそうです。18世紀前半、1705年に最初のファイアンスリー(陶器製作所)が出来てから、隣接するオルシと合併したり、戦争の影響を受けながら、名前を変えてムーラン・デ・ルーになったりしながら1960年代まで陶器の制作が続けられていました。 こちらはスタンプなしですが、同柄のサンタマンのお皿を見かけましたのでサンタマンで間違いないと思います。1900年前後、19世紀後半から20世紀前半のものだと思います。 白地のファイアンス(陶器)の菱形のラヴィエに、ブルーグリーンのデカルコマニー(転写画)で可憐な桔梗の花が描かれています。縁取りはデフォルメされた小花のギルランド(花飾り)です。 前菜用に、デザートに、おやつに、お好きにお使い頂けます。 今回一緒に仕入れましたサンタマン窯の同じ形のラヴィエと揃えても素敵だと思います。 残念ながら表面に1カ所経年によるしみがあります。その他は綺麗な状態です。 長さ 25cm 幅 13cm 高さ 5cm 重量 310g 価格はフランスからの送料3800円込みになります。