19世紀 サン・クレモン ピシェ バルボティーヌ こうのとり柄
new
60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7 60855b41047a9d1ca267c9c7

19世紀 サン・クレモン ピシェ バルボティーヌ こうのとり柄

残り1点

¥15,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 リュネヴィルから12kmのサン・クレモン窯は18世紀、1759年にリュネヴィルのオーナー、ジャック・シャンベレットによって、高級品の生産のため、創立されました。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。その後シャンペレットの子孫や、他の企業家に引き継がれ、1892年に再びリュネヴィル窯のオーナー、ケレーとゲランに買収され、その後飛躍的に発展したそうです。1922年にはバドンヴィレー窯のエドワード・フネルがサン・クレモンとリュネヴィルを買収。19世紀にはシャルルとエミールのガレ親子の陶器を制作。1867年パリで、1871年ロンドンの万博で賞を受賞。その他アール・ヌーヴォー、アール・デコのアーチストの作品を多く制作。バルボティーヌの制作は1930年まで続けられたそうです。同時に伝統的な陶器の制作も続け、現存する数少ない窯のひとつだそうです。 こちらの刻印は1892年から、1980年代にも使われていたそうですので、時代確定が難しいのですが、スタイル、造りから19世紀後半から20世紀前半のお品ではないかと思います。 サン・クレモン窯はピシェも得意としていて、多くの作品が残されていて、フランスではコレクターも多いようです。 上部は丸く、底はオクトゴナル型のピシェです。取っ手やベースは綺麗なルージュ(赤)です。真ん中にお母さんのこうのとりが小鳥達のいる巣の上に大きく羽を広げて立っている様子がバルボティーヌで描かれています。背景には町が見えます。かわいらしい水差しです。花器としてもお使い頂けます。 状態がイマイチなのが残念ですが、こうのとりのモチーフですので、ご懐妊やご出産のお祝いなどにいかがでしょうか? 上部縁、バルボティーヌ部分、底縁に何ヶ所か欠けがあります。経年による汚れもあります。 直径(底) 14cm 幅 18cm 高さ 18cm 重量 850g 価格はフランスからの送料5400円込みになります。