19世紀後半 ジアン デザート・プレート プラム柄
new
60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b 60841eabe70dc4216db3a64b

19世紀後半 ジアン デザート・プレート プラム柄

残り1点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。実用的なものから始まり、次第に名のある一家のテーブル・ウェアや、石油ランプなどを制作していきます。 18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供。 または新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。 19世紀、フランスの、数ある陶器製作所の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロンウィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 現存する数少ない窯のひとつです。 こちらの刻印は1886年から1938年までのものだそうです。 もともと4枚、だけでなく6枚か12枚セットのデザート・プレートだったのではと思います。同じレリーフの縁のデザート・プレートが数点入荷致しました。 こちらは赤い縁取りに、プラムでしょうか?木ノ実のモチーフがポショワー(ステンシル)で、枝と葉っぱと一緒に描かれた可愛らしいお皿です。 残念ながら状態はイマイチですので、絵柄などコレクターの方、状態が気にならない方にお勧めします。 表縁、裏縁に1カ所づつ欠けがあります。レリーフ部分にも傷があります。表面に貫入からのしみがあります。裏面に1カ所薄いひびがあります。 直径 20cm 重量 300g 価格はフランスからの送料3900円込みになります。