19世紀後半 ロンシャン バルボティーヌ アスペルジュ
new
60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a 60841309da019c53c3e6db1a

19世紀後半 ロンシャン バルボティーヌ アスペルジュ

残り1点

¥9,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ロンシャン窯の歴史の情報があちこちでかなり違うのですが、、、 パリから南東約350kmのロンシャンでは19世紀、1867年から陶器の制作が行われていたそうです。前身のポトリー・ド・ブルゴーニュから、その後ロンシャン窯になりました。 1880年から1912年のRCの刻印はロベール・シャルボニエーの時代のものだそうです。 Lの字を長くデザインした刻印は、1912年から1945年までの、ロベール・シャンボニエーの後を継いだ娘婿のゲータン・モワザンの時代のものだそうです。ロベール時代から引き継がれたテーマ、モチーフも制作されたそうです。 またロベールの息子のエドワード・シャルボニエーはサラン窯を買収したそうです。 こちらの刻印は1880年から1912までのロベール・シャルボニエールの時代のものだそうです。 春の訪れを告げる野菜として、フランスで人気のアスペルジュ(アスパラガス)用のバルボティーヌ・プレートです。 生成り色地のファイアンス(陶器)に、穂先きは薄っすらとパープルで、明るいグリーン、根元白のアスパラガスが7本、バルボティーヌで描かれています。縁どりにも同じグリーンが使われていて、明るい印象の春の食卓にぴったりのお皿です。 そのまま壁に飾って、インテリアにも最適です。 今回一緒に仕入れました、アスパラ、アーティチョーク、オイスター・モチーフの同じロンシャン窯のバルボティーヌ・プレートとお使い頂いても素敵だと思います。 アスパラ部分に使用された跡が見られます。 表縁に1カ所、裏縁に3ヶ所欠けがあります。 直径  26cm 高さ 3cm 重量 800g 価格はフランスからの送料5400円込みになります。