1960年代 リモージュ トルサード ポタレ 白磁器
new
603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15 603bba5a24386064bdb4bc15

1960年代 リモージュ トルサード ポタレ 白磁器

残り1点

¥6,000 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 フランス中部、アキテーヌ地方のリモージュの磁器の歴史は、1765年から1770年ころに、硬質で、半透明な、磁器の生産に不可欠なカオリンが近郊で発見されたことで始まりました。当時はルイ16世やアルトワ伯爵に保護されセーブル付属になったり、リモージュの白いカオリンは良質で、ヨーロッパの他の名だたる磁器メーカーに原料を供給したり、19世紀にはアメリカ人アヴィラン(ハヴィランド)の参入でアメリカ初め、世界中にリモージュの名前が広がり、現在まで数世紀に渡って、セーブルとともに、フランスを代表する磁器の生産地です。 こちらの刻印のはっきりとした情報がないのですが、たぶん1960年以降だと思います。 フランスのリモージュの磁器をアメリカで、また世界中で有名にしたアヴィラン(フランス語読み)社の、こちらはトルサード、またはトルス・ブランと言う名前の代表的なサーヴィスです。真っ白なサーヴィスの他、絵図けされたサーヴィスもよく見られます。 ポタレ(ミルクピッチャー)です。 トルサード(螺旋状)のレリーフに、小枝のような取っ手、2つに分かれる場所には小花のモチーフがかざられています。ころんと手に収まりのいい形もかわいい、リモージュらしい真っ白な磁器の器です。 今回カップ&ソーサー、ラヴィエなどと一緒に仕入れました。セットでいかがでしょうか? 残念ながら上部縁に2カ所欠けがあります。写真でご確認下さい。 直径 10cm 幅 12cm 高さ 8cm 重量 150g 価格は1点、フランスからの送料3500円込みになります。