ピリヴュイ ソーシエール ソース・グラスとメーグル 白磁器
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

ピリヴュイ ソーシエール ソース・グラスとメーグル 白磁器

残り1点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ピリヴュイ窯は1818年、スイス出身のジャン・ルイ・リシャール・ピリヴュイによってロワール地方のメアン・シュー・イェーヴル に創立されました。1823年最初の金賞をニューヨークで受賞。1847年にはパリの陶器、磁器、クリスタル街、パラディー通りに初めての店舗をオープンします。19世紀後半にはパリやロンドンなどの万博で数々の賞を受賞。子から孫へと受け継がれ、ドイツの磁器という競合に脅かされながらも、ロンドンやアメリカでも、フランス料理のシェフに愛用され、発展しました。代表作のパリのビストロの代名詞のような、厚手の磁器にゴールドのラインのカップ&ソーサー、バー・ア・パンシリーズは1904年に生まれたそうです。第2次大戦後は工場や設備、人員などに打撃を受け、会社を売却、家族経営から離れましたが、現在もキッチンからテーブルに直接使える磁器を制作しています。 ピリヴュイ窯のスタンプの情報がないのですが、現行のスタンプではないようです。1950年から1970年くらいのものではないか?と思います。 ころんと丸い形のかわいい、白磁器のソーシエール(ソース・ポット)です。2つの取っ手と2つの注ぎ口が付いています。手の平に収まりのよい、使い勝手のよいソーシエールです。注ぎ口は2つ、違った形状になっていて、うわずみのオイル部分のソース(ソース・グラス)と、下方のオイルの少ない部分のソース(ソース・メーグル)と使い分けれる様になっています。見た目にも可愛く、キッチンのアクセントになってくれると思います。 綺麗な状態です。 長さ 16cm 幅 12cm 高さ 8cm 重量 300g 価格はフランスからの送料3900円込みになります。