19世紀半ば クレイユ・エ・モントロー ラブーフ・エ・ミリエ カップ&ソーサー リエール Bタイプ 1ー4
new

19世紀半ば クレイユ・エ・モントロー ラブーフ・エ・ミリエ カップ&ソーサー リエール Bタイプ 1ー4

¥13,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 パリから南東へ1時間くらいのモントローでは、陶器作りに適した灰色がかった白い粘土が取れ、クレイユ窯にも素材を提供していたそうです。1719、20年頃に最初の陶器製作所が出来、イギリスのクィーンズ・ウェアに対抗することを目的としていたそうです。その後イギリス人の企業家が参入、1796年に製作所はイギリス人のクリストフ・ポッターの手に渡り、イギリスではすでに発明されていた、陶器や磁器に印刷する技術を、フランスではショワジー・ル・ロワ、クレイユとともに初めて導入したそうです。それによってモントロー窯は大きく発展したそうです。 一方、パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年、その経営者の死とともに、モントローと合併、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞を受賞。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印はLM ルイ・マルタン・ルブーフとジャン・バチスト・ミリィエ、1841年から1869年までC&M窯のオーナーだった2人のイニシアルです。 サーヴィス名はありませんが、リエール(アイビー)かヴィーニュ・ヴィエルジュ(蔦)のモチーフのシリーズです。3つ一緒になった葉と壁をつたうかのような根が、明るいブルーのデカルコマニー(転写画)で、反復されて、繊細なタッチで描かれています。19世紀中期のものなので当時の流行のジャポニスム、日本画の影響もあるのでは?と思います。 さわやかな印象のシリーズです。 こちらは取っ手の形が耳のようなタイプです。4点入荷しました。 春から夏にかけての朝食に、ティータイムにいかがでしょうか? 同窯、同時期のフローラ・ロカイユのお皿とも合いそうです。 4点ともきれいな状態です。 カップ 直径 11、5cm 幅 12、5cm 高さ 5cm  ソーサー直径 15、5cm 重量 300g 価格はフランスからの送料3500円込みになります。