1940年代 ウーゾー・エ・カンパニー エタン製 ピシェ 水差し パール
new
6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f 6026d85d243860709938f76f

1940年代 ウーゾー・エ・カンパニー エタン製 ピシェ 水差し パール

残り1点

¥15,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ウーゾー・エ・カンパニーの歴史は多くの金銀細工業者のように、はっきりとしていないようですが、おそらく銀細工職人ルシアン・ウーゾーによって、パリ郊外に設立されたようです。1979年に創立者はなくなり、その息子のピエールに、その後は孫のパトリックに継がれました。多様な製品を製造していたようです。多くは伝統的な製品だったようですが、丸みをおびた多面形のベースに、花や葡萄のモチーフを立体的に彫った花瓶や、戦車から立案したタンクという名のティー・セットなど、歴史は1930年代アール・デコの頃までさかのぼるようです。 刻印は中世のシュヴァリエの兜にLH、お花が1輪、エタンとあります。 こちらは伝統的なピッシェだと思います。ラッパ型の注ぎ口に、丸いお腹にまた下に向かって広がる脚部分。その間には細かいパールのネックレスのようなドットの細工が飾られています。取っ手も付いています。もともとはピシェ(水差し)だったのかもしれませんが、花器として最適です。 どんなお花も引き立ててくれるシンプルさと、エタンの黒ずんだ、マットな質感、控え目なパール細工がかわいらしいお品です。 経年なりのさびや、表面に細かい傷などありますが、そんな味のお好きな方にお勧め致します。 高さ 22cm 幅 19cm 重量 900g 価格はフランスからの送料5370円込みになります。