19世紀 スークープ ビストロ用 アプサン用 ソーサー 1−3
new

19世紀 スークープ ビストロ用 アプサン用 ソーサー 1−3

残り3点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 19世紀のビストロで使われていました、アプサント用のソーサーが再入荷致しました。 アプサントはニガヨモギで作られたリキュールで、薄い緑色で水を加えると白濁します。特に19世紀フランスの芸術家たち、詩人ヴェルレーヌ、画家ロートレック、ゴッホ、などに愛飲され、作品の題材とされたそうです。安価だったために多数の中毒者を出したそうで、一時は禁止され、その後成分を変えてペルノーなどが今も製造販売しているそうです。度数が高いことから水や、砂糖などを加えて飲んだことから、専用のグラス、スプーン、水差しなどがあり、今もコレクターがいるそうで、ミュージアムや専門のサイトがあります。 こちらはそのアプサント用グラスの受け皿のようです。 3点入荷致しました。 1、2フラン コー・ド・シャス(猟り用のらっぱ)にヴァンセンヌのスタンプ 2、3フラン 3、3フラン50サンティーム(薄く)朱赤のライン A・タノダール コロンブ(パリ郊外の都市)のスタンプ スタンプの情報は見つかりませんでした。 アンティークらしいかすれた味のある状態です。 コースターとして、取り皿として、小物入れとして、またはショップのお釣り銭皿として、お好きにお使い頂けると思います。 直径 13cm  重量 220g 価格は1点、フランスからの送料約3520円込みの価格になります。